スポンサードリンク


巻き爪|治し方と病院での治療法何科を受診 ⇒ 何科の病院へ行けばいいの?
スポンサードリンク

何科の病院へ行けばいいの?

何科で受信すればいいのか書きます
巻き爪の症状がでてきて、いざ受診しようと思ったときに何科に行けばいいのか戸惑いますよね。
実際、何科と決まっているわけではありません。
病院によって違います。多くは皮膚科のようですが、外科だったり整形外科や形成外科の場合もあります。
なぜ、そんな風に病院によって違うのかというと治療方法に違いがあるからのようですね。
最近では巻き爪の治療方法は矯正が一般的ですが、この方法を何科で取り入れているかということと、巻き爪が悪化したり陥入爪を併発したりすると外科的な手術が必要な場合もあるため外科系が担当している病院もあるようです。

外科的な手術というのは陥入爪といって爪の端が鋭くなって肉部分に刺さったりして化膿や炎症などを起こした場合に爪の幅を狭くするといった手術です。
しかし必ずというわけではないですし、巻き爪だけの治療ならこのような手術のたぐいは近頃では少ないはずです。

また、矯正という方法に関してはフットケアをしているようなサロンでも取り入れているところも多いようで、巻き爪の治療方法としては一番人気があります。

矯正にもワイヤーを使うタイプのものと、プラスティックのプレートを使うものと2種類あります。この中のどの矯正方法を取り入れているかはそれも病院によって違うため皮膚科だからこの方法というわけではありませんし、何科ならこの方法で治療してくれるというものでもありません。

つまり何科で受診すればいいかだけでなく、行こうと思う病院の治療方法も確かめておく必要がありますよ。

スポンサードリンク
化膿してしまったら?手の爪が巻き爪になる?
あいうえお経済