スポンサードリンク


巻き爪|治し方と病院での治療法爪きり ⇒ 爪切りなどのグッツの使い方
スポンサードリンク

爪切りなどのグッツの使い方

爪切りについて書こうと思います
巻き爪になると自分で爪を切るのも辛くなってきますよね。
そもそも巻き爪になった人は爪の切り方に問題があるのですが、なってからでは遅いと思われがちです。
でも、遅くありません。
初期段階なら正しい切り方と専用の爪きりで改善されるケースも多いですよ。
実際病院には、かなり巻き爪が進行している人しか行かないでしょう。
当然初期段階で受診することが望ましいですが、なかなか行かないですよね。

巻き爪専用の爪きりにはスクエアカットに切りやすいように、わざと刃が斜めにストレートのものや、ニッパータイプのものもあります。
どちらも切るとき爪にかかる負担が少ないのと、抜群の切れ味が特徴のようです。

お風呂あがりの爪の柔らかいときが切りやすいので、白い部分が残るようにゆっくりと少しずつ切るのがコツです。
ネイルをするひとなら爪きりは使わず、長めに残してヤスリで仕上げるのが常識ですが、巻き爪の場合も同じようにすることで深爪にならないようにします。
爪先はストレートに決して角は丸めないで。
この角がない状態で圧力がかかると爪が伸びるときに丸まって巻き爪になります。

この切り方で初期症状ならかなり改善されます。
爪きりはどちらのタイプがいいとは一概にはいえませんが、他人を切るのにはニッパータイプのほうが使いやすいみたいです。
参考までに、皮膚科のドクターはニッパータイプの爪きりを使っていました。
でもニッパータイプの爪きりは手の爪を切るのには向いていなかったり、巻き爪の状態によっては切りにくかったりします。
一般的な爪きりの足の爪用やストレートの刃のものが比較的切りやすいかもしれませんね。

スポンサードリンク
足の巻き爪トラブル爪水虫の対処方法って?
あいうえお経済