スポンサードリンク


巻き爪|治し方と病院での治療法 ⇒ 病院は何科?皮膚科?外科?
スポンサードリンク
巻き爪と言えば爪、ネイルですよね。
巻き爪の病院って何科へ行けばいいのだろうか?

よく巻き爪くらいで病院なんか行けないという人もいるがそうではない
巻き爪が原因で化膿してしまったり、切り方を間違ってしまって膿が貯まってしまう症状など悪化してしまい最悪、手術という対処になってしまいます。
特に子供の巻き爪の場合は早めに病院に連れて行った方がいい。
大人と違って成長期ですし、症状が悪化しやすいので早めの病院がオススメです。
このページ上でも子供の巻き爪の病院を紹介していますいので参考にしてください。

早めの病院を進める理由として、巻き爪は初期の軽いものなら、歩き方や爪の切り方に気をつけることで治ってしまう事があります。
しかし、正しい治療法や巻き爪の切り方の事を考えると病院に行くほうが早く治ります。
この段階で明らかに爪の変形があって治療が必要と思ったり、既に皮膚に爪が食い込んでしまい痛みがある場合は、早急に病院に行きましょう。

では巻き爪の病院ってどこ? 何科?

巻き爪の診療をしている科は病院によって異なります。
一般的に一般外科、形成外科、美容外科、皮膚科となると思います。

ほとんどの病院での治療法や治し方は、巻き爪を切るだけが多いです。
重症の巻き爪の場合、病院では爪を抜く手術をする事が多いみたいです。

しかし巻き爪の治療は時間は掛かりますけど、手術よりも矯正のほうが痛みが少なく治癒が確実です。
ですので巻き爪の病院選びは、診断で症状にもよりますが矯正か手術かの選択肢が可能な病院を選ぶといいでしょう。
巻き爪の矯正による治療法と治し方は、日本ではまだ始まったばかりです。
しかし矯正を治療に取り入れてる病院は年々増えてきていますので、探すのはさほど困難ではないでしょう


矯正という治療方法ですが・・・。│ 病院は何科?皮膚科?外科? │ワイヤー矯正での治し方ですが・・・。
スポンサードリンク