スポンサードリンク


巻き爪|治し方と病院での治療法 ⇒ 手術と予防
スポンサードリンク
巻き爪の手術ということは症状としてはかなり悪く化膿してしまっているか矯正するには対処できない状態だと思います。
巻き爪は手術ではなく多くの場合は矯正、特にワイヤー矯正のような治療法と治し方によって治ります。
しかし、先ほども書きましたが、巻き爪の症状があまりにひどく歩けないほど痛みがあったり、皮膚科での治療の範囲を超えて外科の範囲になるような治療に急を要する場合などは手術になります。
また症状はそこまで行っていないが矯正が不可能な場合は、手術をすることになります。
特に子供や赤ちゃんの場合は手術をするか判断に困ります。

巻き爪の手術は今まではかなりの痛みを伴うものでした。
しかし最近巻き爪の手術では「フェノール法」という、痛みの少ない手術が普及してきました。
この「フェノール法」はフェノールという消毒薬を用いて行う手術ですが、なんと健康保険を適用することができ、手術の時間や通院回数も少なくて済みます。
この巻き爪の手術の詳しい内容はこのページ上で紹介しているサイトで詳しく説明していますのでそちらを参考にしてください。
いままでのような手術の巻き爪を切ったり抜いたりするだけの手術と比べると、巻き爪の再発の可能性が低いようです。

しかし、出来る事なら巻き爪の手術なんて受けずに済ませたいですね。
また最悪、手術を受けて完治しても、生活改善や予防を意識的にしておかないと再発することもありますね。
まず巻き爪の予防としてのポイントは、爪の切り方、歩き方、靴の選び方のように日常生活で常に爪に気遣うことによって予防できます。
ですから手術後の予防だけでなくて、まだ巻き爪になってなくても、「巻き爪になりそう」と思ったら、巻き爪の予防や早期発見を心がけましょう。


ワイヤー矯正での治し方ですが・・・。│ 手術と予防 │予防の為の原因と対策ですが・・・。
スポンサードリンク